夏目漱石の最高傑作は?

 
1 名も無き虎(08/11/07(金)16:29 ID:5BkIg3GnA) 
漱石が書いた中・長編小説は
吾輩は猫である、坊っちゃん、草枕、野分、虞美人草、坑夫
三四郎、それから、門、彼岸過迄、行人、こゝろ、道草、明暗

最高傑作はどれだろう?短編でもいい。
夏目漱石の最高傑作は?画像
 | 全コメント表示 | ×閉じる | 
24 名も無き虎 (10/04/18(日)04:36 ID:uwAcAO6Co) 
夏目漱石の最高傑作は孫の房之介
25 匿名 (10/08/04(水)23:24:36 ID:250F3wLZk) 
野分や坑夫は、そもそも読まれないのでこういう場で評価されない
高柳君や道也先生は、坊っちゃんや代助なんかよりよほど親近感を感じると思うのだが
26 匿名 (10/08/30(月)04:06:44 ID:2nO8p6vyg) 
俺も「こころ」がいいと思う
27 匿名 (10/08/30(月)21:26:16 ID:cjooNMg3E) 
三四郎が良いな
28 匿名 (10/10/25(月)13:03:36 ID:Yhh0qZzio) 
やはり我輩は猫であるが一番面白いよ
29 匿名 (10/11/27(土)22:47:16 ID:OahcZ3y02) 
「硝子戸の中」
教えを請いに来た人に対し、貴方が自分を隠さずにいれば私も隠さずにそれに応えます
教えるものも教わるものもそうしないと、成り立ちません
みたいなことを言ってるのを見て、自分もそんなこと言ってくれる人に会いたかったと思ったもんです
30 匿名 (11/03/09(水)19:39:45 ID:AuUxKXZXk) 
最近「こころ」の方が好きになった。
31 匿名 (11/03/11(金)02:40:45 ID:nSUIY50Iw) 
やはり我輩は猫であるが一番面白いよ
32 匿名 (11/03/13(日)02:41:18 ID:8N7Kfb7yc) 
三四郎が良いな
33 (11/04/12(火)16:33:27 ID:J6kPdHnMo) 
削除
34 匿名 (12/03/02(金)20:40:50 ID:cmRuO2HCQ) 
ぬこであるじゃ
35 匿名 (12/11/02(金)18:26:38 ID:sMP3Y49to) 
坊っちゃんの出だしは凄いと思うよ
36 匿名 (12/11/02(金)18:31:48 ID:@OepaJZXY) 
「我輩は坊ちゃんである。名前はまだない」
37 匿名 (12/11/13(火)16:05:58 ID:zg6kcgXIs) 
逆に駄作はあるの?
38 安楽堂 (13/02/10(日)18:57:28 ID:h6wClOKfs) 
1位「我輩は猫である」
他はちょっと順位をつけるのが難しいが、
駄作は「三四郎」「心」「門」。テーマが幼稚すぎる。
漱石ほどの人がなぜ?と言う感じ。
類稀な文才はあっても、何かが欠落した人だったのか。それとも時代の制約か?
今の時代ならテレビドラマの台本レベルでしょう。それも、考えることが嫌いなおばさんのための。
39 匿名 (13/02/11(月)00:14:42 ID:TmHr9Z4zU) 
だから当時の作品なのでしょうね。
40 安楽堂 (13/02/11(月)23:14:11 ID:0vpB5JX.2) 
テーマが幼稚と言ったのは正確でなかった。虚子は溝を流れる大根の葉っぱを文学に昇華した。
テーマの扱いが稚拙と言うべきだった。

「明暗」は読んだかどうかさえ覚えてない。「野分」は読んだが、内容はよく覚えてない。
「坑夫」は二度読んだので記憶がはっきりしている。これは駄作というよりも失敗作。
主人公による自身の心理の自己解説は、不自然で意図不明。
但し、工夫たちの地獄の生活ぶりや、山に至るまでの情景描写等は見事で、そういう点は
さすがに文豪の名に恥じない。一読の価値はあると思う。
41 匿名 (13/04/18(木)15:44:11 ID:mP2/MTPx.) 
坊っちゃんだけだな 良作は
42 匿名 (13/06/24(月)15:25:30 ID:xYZXC9ViY) 
っっっっっf
43 匿名 (13/07/15(月)23:33:13 ID:3OlUVQNS6) 
「三四郎」おれは結構いい作品だと思うがなあ
冒頭の掴みの部分はコント的で笑わせてくれるし
文明批判は今読んでも古びてないし
登場人物も生き生きとしてる
猫も確かに面白いが今時の小説っぽいのは「三四郎」だろ
ちなみに他のも読んだけどこの二作ほど面白くなかったw
44 匿名 (13/08/27(火)11:07:59 ID:..RbgR5f2) 
45 匿名 (13/10/01(火)21:24:15 ID:Ts4zMje.g) 
明暗
46 匿名 (14/01/12(日)07:20:42 ID:uAGJJFH5E) 
それから
47 匿名 (14/01/26(日)08:57:00 ID:DcqEQB1NY) 
夏目漱石の最高傑作は?画像47
48 匿名 (14/03/15(土)06:41:37 ID:xk03WFnqk) 
三四郎
夏目漱石の最高傑作は?画像48
49 匿名 (14/04/05(土)06:39:45 ID:IcpC9rfwo) 
野だいこ
夏目漱石の最高傑作は?画像49
50 匿名 (14/08/03(日)07:37:01 ID:2WUlhwVq6) 
<夏目漱石>「個性磨け」懸賞小説落選の女性に励ましの手紙
毎日新聞 8月2日(土)15時1分配信
◇「弟子になるのは私の書きぶりを真似る為ではありません」

 文豪、夏目漱石(1867〜1916年)が、新潟県に住む女性に宛てた手紙が見つかった。
懸賞小説に落選した女性に対して師弟関係のあり方を説き、
「御弟子になるのは私の書きぶりを真似(まね)る為ではありません」
と自らの個性を磨くように励ます内容。
当時、胃を患って入院中にもかかわらず書き送った漱石の優しさがにじみ出ている。
夏目漱石の最高傑作は?画像50
51 ゼブラ堂 (14/08/15(金)18:31:11 ID:MQD5q8GNw) 
漱石の俳句は良いね。ある人(小西なんとか?下の名前忘れた)の本の中で、もしかしたら、
子規以上かもしれない、みたいな評価がされていたが。確かに本の中に紹介されていたものは、
良いものだった。
52 匿名 (14/12/08(月)20:51:50 ID:/rX8igZLw) 
明暗
53 匿名 (15/03/01(日)10:50:47 ID:wOPLgK/QU) 
漱石の「彼岸過迄」は、非常に変わった小説である。短篇が四つほど繋がり合った長編で、ミステリーと探偵小説と心境小説と告白小説が団子の串刺しのように並んで、
まとまりもなければ、話の結末もはっきりせず、読み終わって煙にまかれたような印象しか残らなかった。
 最初の主人公は田川敬太郎という就職活動をしている大学卒業者であるが、一番最初の短篇「風呂の後」では、同じ下宿にいる森本という怪人物が出て来て、かなり面白く読める。
 二番目の短篇「停留所」は、主人公の敬太郎が親友の須永の叔父に就職口を頼みに行って、小川町の停留所で下車するある中年男の様子を探る任務を与えられ、待ち伏せする話である。
敬太郎は空想癖のある男で、その空想内容が偏執的なほど詳しく描かれているが、漱石の思わせぶりな記述にややうんざりする。
同じ停留所で待っている若い女がその後重要な人物になるのだが、これが親友の須永の幼馴染の千代子である。
 三番目の「報告」という短篇は、二番目に付随するもので、敬太郎が待ち伏せした謎の中年男と若い女の種明かしである。
 四番目の「雨の降る日」は、文体も描写も異質な短篇で、千代子が可愛がっていた小さな女の子が急死した経緯と葬式を出す様子を客観描写したものである。
漱石の実子で小さな頃に亡くなった娘がモデルになっている。
この短篇から、最初の主人公だった敬太郎が消えて、須永の従妹で幼い頃から許婚のように言われて成長した千代子がクローズアップされ、次の章で須永と千代子との現在の関係に移行していく。
 五番目の「須永の話」が最も長い話で、ここまで来てようやく漱石は自分が書きたかったことがはっきりして、書き始めたという感じを受ける。
ただし、内容は須永の独りよがりの告白で、あまり面白いものではない。
須永という男は、インテリで自意識過剰、考えすぎる傾向があって、女性に対し精神的インポなのである。
好きな相手の千代子に対し、結婚を申し込む自信がないため、彼女の前に男性が現れると、嫉妬心にさいなまれ、その苦しみがえんえんと描かれる。
54 匿名 (15/03/27(金)00:23:06 ID:IfiYvq9VQ) 
まだ読んでないやつを借りに図書館へ行ったが、「明暗」は長すぎるのでパス。
代わりに昔読んだことがある短編集を借りて(綺麗さっぱり内容を忘れていたので)
もう一度読もうとしたが、どの話も面白くなくて二三ページ読んで投げ出した。

漱石という人は、文章は上手いけど、ストーリーテラーとしては、
芥川や太宰よりだいぶ劣る人だと今更ながら思った。
55 匿名 (15/05/16(土)13:05:58 ID:NV6vlzUwM) 
坊っちゃん
夏目漱石の最高傑作は?画像55
56 匿名 (15/07/07(火)18:03:39 ID:yi2XMqelA) 
草枕
57 匿名 (15/08/27(木)17:29:35 ID:KNDqDvH2w) 
薄 ( すすき ) だの 蔦 ( つた ) だのと云う 洒落 ( しゃれ ) たものに至ってはさらに見当らない。
その代り昔の 名残 ( なご ) りの 孟宗 ( もうそう ) が中途に二本、上の方に三本ほどすっくりと立っている。
58 匿名 (15/11/22(日)12:02:46 ID:CCxpnQKwg) 
「明暗」は未完だからこそ良かったのかな?
59 匿名 (15/11/28(土)00:35:45 ID:dND.kqquE) 
太宰はストーリーで読ませる作家じゃないだろ
芥川に至っては元ネタ説話だし
60 匿名 (16/04/17(日)07:36:13 ID:8AEuR0hnc) 
明治41年12月25日 三四郎(百十三回)十二の四: 
風邪(インフルエンザ)で寝込んでいる三四郎の見舞いに与次郎がやってきた。
三四郎は与次郎に美禰子の嫁入りが決まったことの詳細を教えてくれと頼む。
夏目漱石の最高傑作は?画像60
61 匿名 (16/04/20(水)20:17:19 ID:zSfMPSCFw) 
>>59
坊や、教科書以外の作品読んだことあるかい?
62 匿名 (16/04/21(木)21:44:48 ID:mdJO.bbnc) 
>>59
ストーリーで読ませる作家か、文章で読ませる作家か、明快な分別をすることは出来ないんだが。
明治から戦前の昭和にかけて、私小説という日本独特のジャンルが文壇の主流を成した。
空想や虚構を極力排して、事実のみ(多くは作者の日常に関ること)を淡々と描くことを
よしとする文学ジャンル。

この流れに逆らって、「物語作者」たらんとした代表作家が、森鴎外や夏目漱石で、
芥川、太宰はこの系譜。特異の文体で異彩を放った泉鏡花も勿論このグループ。
太宰が一人称で書いている小説はあくまで創作で(一部事実を下敷きにしたところはあっても)
いわゆる私小説とは全く異質の作品。そもそも、太宰自身が初期の作品(だったか?)の中で、
ストーリーテラーたらん、芥川の後継者たらんことを自ら宣言している。

それから、デビュー当時の芥川は今昔物語や宇治拾遺をよく題材に使っていたけど、
それが全てではない。面倒なのでいちいち例は挙げないが、芥川が、題材に採ったものは、
中国の奇談、欧米の小説、身辺の雑事、歴史書、様々な聞き書き等、多種多様だ。それらを
必要に応じて換骨奪胎して、さらに創造を加え作品化している。もちろん、大部分を自らの
創造に頼った作品もあるし、晩年にはやや自然主義に近いような作品も書いているが。
いずれにせよ、芥川が反自然主義の旗手、漱石、鴎外直系のストーリーテラーの代表作家で
あったことは文学史の常識。

>>61
相手が子供なら、もう少し親切に教えてあげては。
>>59
君も、作家を語るのなら、必要最低限のことくらいは知っておくべきだな。
63 匿名 (16/07/02(土)08:38:45 ID:vYslXwkpw) 
明暗
64 匿名 (16/07/22(金)01:45:38 ID:tXOTFibSA) 
>>54だが。
去年の暮れから今年の春にかけて、芥川の全集を図書館で借りて読み返してみたが。
芥川と云えども、数多の作品の中には駄作もそれなりの数あった。
特にストリー展開が不自然というか、稚拙なものが少なからずあることに驚かされた。
文章の細部に凝る余り、全体を見渡す余裕を失った所為だろうか?

>>59
少年よ(少女?)。折角の夏休み、読書したまえ。
65 匿名 (16/08/03(水)02:46:46 ID:ZRNw6Pa7A) 
やはり、坊ちゃんと猫。それと、俳句も良い。
66 匿名 (16/09/04(日)03:26:29 ID:Eu./VDoi.) 
最高傑作ではないけど、二百十日はけっこう面白い。
67 匿名 (16/11/03(木)09:30:01 ID:axgq8sp2c) 
夏目漱石の最高傑作は?画像67
68 匿名 (16/12/11(日)12:12:34 ID:/XdMb/Pso) 
夏目漱石の最高傑作は?画像68
69 匿名 (16/12/20(火)00:14:31 ID:nREklpgOs) 
夏目漱石の最高傑作は?画像69
70 匿名 (16/12/31(土)03:39:43 ID:bl/m9o2c.) 
>>68
こだわるところじゃないとは思いますが、
旧1万円札の肖像画は、聖徳太子ではありません。
いや、ありませんというのも語弊があって。
つまり、だれの肖像画なのかは現時点では不明。
71 匿名 (17/03/25(土)17:06:43 ID:L5lcxllHg) 
72 白痴 (17/04/29(土)03:15:11 ID:XVJz61WU6) 
>>59>>61
教科書だけでも読んでいる分、坊やはまだ偉いよ。
最近は、芥川でも漱石でも名前すら知らない子がいるから恐れ入る。
73 匿名 (17/07/30(日)11:44:34 ID:fEOFKWwrE) 
>>72
それはすごい・・・。
夏目漱石の最高傑作は?画像73
ハリコのとらアンテナで面白いブログ記事がすぐ見つかります
【悲報】ムシキング、萌え豚に媚びる(画像あり)
アイドル界における欅坂46のポジション(画像あり)
カレーのルーの位置wwwwwwwwwwww
岡崎慎司はエジルと同じく“王様“だ! DFWとしてプレミアを代表する10番と絶賛される
狩野英孝禿げるwwwwwwww
 | 
閉じるTOP本板 > このページ
名前: sage: 削除パス:

画像 YouTube
 画像ファイル 対応形式(jpg / gif / png) 最大データ量 512 KB



書込む前に利用規約をお読み下さい
今見てる人→人    多重債務 harikonotora.net